UniFa Developer's Podcast

UniFa 開発メンバーが社内での開発の様子やサービス、参加したイベント、
技術トピックなどについてゆるく話していく Podcast です。

7. 結局はチームがすべて。本気で世界一を目指せるか(後編)

2019年03月11日

MP3ファイルをダウンロード

内容紹介

赤沼、田渕、保坂の3人で、ソラコムさん主催の if-up2019 IoT Technology Conference について話しました。今回は前後編に分けているうちの後編です。

出演者

Akanuma Hiroaki
Akanuma Hiroaki
Tabuchi Kozue
Tabuchi Kozue
Hosaka Manabu
Hosaka Manabu

収録日

2019/02/20 (Wed)

Show Notes

  • if-up2019 IoT Technology Conference powered by SORACOM
  • 株式会社ソラコム
  • #ifup2019
  • IoT Technology Conference if-up 2019 まとめ

  • キーノート「テクノロジー x 情熱」が世界を変える
    • これからのプロダクト作りには妄想とも言えるパッションが必要
  • キーノートパネルセッション「プロダクト x テクノロジーx イノベーション」
    • 1000人規模になってくると、自分でプロダクトを見ているというよりは組織づくりを見ている。どういう組織を作れば良いプロダクトができるか(メルカリ 濱田さん)
    • 本人達がグッとこないことを出島でやっても本丸はグッとこない(Panasonic HomeX 馬場さん)
    • 本気で世界一を目指すべき。自然に世界一になっていたということはありえない。一年ぐらい本気で考えていると、いける気がしてくる(Panasonic HomeX 馬場さん)
    • 世界一を目指さない企業には所属すべきではない。成長できるものもできなくなる(Panasonic HomeX 馬場さん)
  • C3. コンシューマープロダクトにおけるクラウド実践
  • if-up2019_aibo
    • aibo企画書からクラウド開発スタート。そもそもaiboのクラウドとは何なのか。要件変更が日常だった。要件が固まらない、全体像が見えない、だから仕事が進まない。日々高まる不安
    • 「自分だけがわかっていないのでは?」という不安 -> 「みんなの不安」にする施策:モヤモヤ解消会。結論が出そうにないことのみ議論する会
      • 会では議論のみに集中
      • コメント痕跡は必ず残し、参加意識を高める
      • メンバーの困りごとをなおざりにしない
      • -> 議論空転が減り、挑戦的な課題に目が向くようになった
  • A4. 「進化し続けるプロダクトを作るための開発チーム」
    • クックパッドでは2014年ごろからモノリシックアーキテクチャからマイクロサービスへの移行を決断。既存機能はビジネス上必要性のある単位で分割を進める(やりすぎない)
    • うまくやれてそうな部分:現場ニーズからではなく、経営判断として進めている
    • マイクロサービス化した方が良いかどうかについては、場合による。大抵の場合はやらなくて良い
  • 結局はチームが全て
  • 世界一を目指すことに本気になれるか